Skip to main content

西田印刷所にお任せ!1枚からでもOK!創業40年の安心と信頼

メール:knisida@d1.dion.ne.jp  まで 東大阪のシール/ステッカーを中心に印刷しています。商業印刷・特殊印刷・オンデマンド印刷・訂正シールなど。

ホーム
会社紹介
お問い合わせ
サイト マップ
技術と応用
インク
小ロット
オリジナルステッカー
オリジナルテープ
連番印刷 バリアブル印刷
印刷への心構え
フォーミュラーカー
7ミリ スリッター
パソコン設備
連番
シリコン処理された剥離紙を加工
2012年6月

新しいHPで新しいことを載せていくしかないですね。

西田印刷所もよりよいものを作るために機械を購入しました。
今までのカラー印刷では機械が古いためいろいろ障害があったのですが、三起機械のベビーを導入しました。

三起機械さん独自?の蛇行修正装置がオペレーターの質に関わらず、時間短縮および練習に使う用紙の削減が可能となりました。

間欠凸版輪転機で部分のりの印刷がいろいろな障害が出るとのことで、部分的に糊を殺す作業が必要になりました。

昔から技術的にはできる自信もあったのですが、このたび実践してみました。

なかなか苦労もあったのですが、ようやく商品化できる装置の変更できました。

三起機械のベビーを改造するのではなく、半輪転機をリニューアルしました。

半輪転機は導入当初から糊殺しができる機械として購入していたのですが、ニーズとその当時の制度では、納得できるものができなかったため、通常の使い方しかしておりませんでした。

しかし、このとびのリニューアルにその部品が有効に作用し、進化することができました。

今や、半輪転機を使用している会社も少なくなりましたが、間輪転機の欠点を補う機械として活躍できそうです。