Skip to main content

西田印刷所にお任せ!1枚からでもOK!創業40年の安心と信頼

メール:knisida@d1.dion.ne.jp  まで 東大阪のシール/ステッカーを中心に印刷しています。商業印刷・特殊印刷・オンデマンド印刷・訂正シールなど。

ホーム
会社紹介
お問い合わせ
サイト マップ
技術と応用
インク
小ロット
オリジナルステッカー
オリジナルテープ
連番印刷 バリアブル印刷
印刷への心構え
フォーミュラーカー
7ミリ スリッター
パソコン設備
連番
シリコン処理された剥離紙を加工

連番印刷(ナンバリング印刷)可変情報印刷(バリアブル印刷)

 

新着情報


13年2月


リボン式プリンターを従来使っていたタイプが磁気ヘッドが生産中止になたので、昨年から検討していたゼブラのプリンターを購入。


リボン印字がより黒く見えるのがいいですね。

もちろんバリアブル対応

以前使っていたプリンターでもいろいろできたのですが、ソフト自体もより一新されたのでたのしみです。

アールの付いた状態でナンバリングができるのが、わかって更に仕事の巾ができます。





10年04月

金・銀 ホイル(紙)にオンデマンド印刷をするには。 ローランドから販売しているLEDプリンターを使用して印刷します。

 

 

 

09年06月

今までレーザープリンターで困難であった金銀白を印刷できるプリンターを購入。

レーザープリンターではないので、少しスピードが遅いのですが、比較的安価なラベルが作成可能となりました。

 

  08年以前

 

1、数量が少ない場合(大きさによりますが100枚程度)または極小ロット

 

商業用のレーザープリンターで印刷するので、細かい文字までくっきり印刷できると思っています。(熱転写プリンターより細かい文字が印刷可能)

 

もちろん抜き加工(ハーフカット)仕上げをします。

 

 

インクジェットプリンターはメディアがまだまだ高いのと耐光性が弱いものが多いのが難点です。

 

その点レーザーで印刷すると耐光性もよく紙系メディアであれば何でもきれいに印刷できる。

 

レーザープリンターの欠点は一枚シートづつ印刷するので時間も費用もかかる、数量が増えても安くならないのでお勧めできません。(他社にご依頼の場合もこの内容を確認もしくは見積内容を確認してください。)熱に弱い素材についてはできない可能性があります。

 

レーザープリンターで印刷しにくいものはトナーを静電気で定着させる方式なので、アルミ蒸着タイプ(PETシルバー類)は静電気の邪魔をするのできれいな印刷が困難である。(うまくいく時が極まれにあるので、極小ロットのさいはできる可能性もある)

 

 

2、数量が100枚以上

 

熱転写プリンターにて印刷します。

ドットが8ドットなので少し荒めの文字になる可能性があります。(書体によります)

 

 

熱転写印刷はリボン式インクで印字したり、またはサーマル紙等で熱印字することで数量の多い印刷にも対応できます。

 

スーパーや小売されている量販店などでも使用されていますので、数量が少なくても多くても印刷可能です。

 

熱転写プリンター本体もかなり安い物もあるので、ご相談にのることも可能です。

 

購入を考えれば印刷用の用紙またはシールを購入し、御社独自のラベルが簡単に印刷できるようになります。

 

商業用のプリンターなので普通の電気屋では購入が困難だと思われます。

 

2種類の印刷はどちらもシール素材に可変情報を印刷することが可能です。通常の印刷は決まったデザインを繰り返して印刷するのですが、デジタル印刷なので可変情報に対応できます。

 

熱転写プリンターのできないものはシート状のものには印字できない。布やビニールにも印字できるようですが、当社ではまだ試したことはありません。

 

 

またデジタル印刷もいろいろあるので、ぜひどんなものが必要なのかを少し考えてからご連絡いただければ、すぐに対応させていただきます。

 

可変情報 バリアブル印刷

バーコードの連番

二次元バーコード

などが一般的で専門分野で使用されているバーコード等も可能だと思っています。

 

 

可変情報の印刷  バリヤブル印刷

プリンターで印刷するのですがエクセルで作成したデーターをリンクさせることによって可変部分を印字していきます。

その他のアプリケージョンからでも可能みたいですが、一番普及しているエクセルが問題ないと考えています。

 

 

3.従来型 機械式ナンバリング印刷もしています。

従来、機械方式でのナンバリング印刷をしています。

 

高さおよび文字の大きさの種類は2種類持っています。

 

3桁・4桁・6桁・7桁・10桁などあり、機械式なので数字の大きさが一定である。

 

4桁は数字も大きい物が当社には準備しているが、7桁は無い。

7桁のナンバリング機械があれば、4・5・6などの少ないナンバリングは機械を分解し、桁をはずして印刷するという荒業をしたこともある。

 

桁を増やすのにも工夫をすれば可能で12桁のナンバリングをしたこともあります。ゆえにやってやれないことも無い。

 

もし、微妙な文字の大きさを変えなければいけないのであれば、ユニットを購入するしかありません。(かなり高額)

 

しかし今は、デジタル印刷等があるので、機械式の新しいユニットも生産されなくなってきています。ゆえに当社にある書体もしくは桁以外は機械方式のナンバリングはできない可能性があると返事を差し上げています。

 

しかし、デジタル印刷で対応できる材質であれば、ご要望にお答えしています。